虎ノ門ヒルズレジデンス

虎ノ門ヒルズレジデンス 外観パース

眼下に見下ろす都心の風景が、そこに住まうことのステイタスを教えてくれる

「虎ノ門ヒルズレジデンス」

2014年6月11日、都内では東京ミッドタウンに次ぐ超高層複合タワーとなる地上52階建て、高さ247mの「虎ノ門ヒルズ」が開業します。
商業施設(カフェ、飲食店、コンビニなど 1~3階)、オフィス(4~35階)、住宅階(37~46階)、ホテル階(47~52階)となっていて、ホテル階にはハイアット系列で日本初進出の高級ホテル「アンダーズ東京」が入居します。
37階~46階に位置する総戸数172戸の「虎ノ門ヒルズレジデンス」は六本木ヒルズや東京スカイツリー、皇居の緑など、全ての住戸から都心の眺望を思う存分楽しめるように設計されており、「アンダーズ東京」と連携したホテルサービスを利用することができます。
イメージキャラクターは100年後からやってきたネコ型ビジネスロボットの「トラのもん」です。笑
「ドラえもん」で知られる藤子プロとタッグを組んで制作されたそうなので、気になる方はググってみて下さい。

虎ノ門ヒルズ

地上52階建て、高さ247mの虎ノ門ヒルズは東京の新たなランドマークとなります

大規模高級レジデンスならではの設備面での充実ぶりも見逃せません。
37階にはAO SPA AND CLUB (アオ スパ&クラブ)があります。
こちらは炭酸泉やバーデプールなどを備え、やはり素晴らしい眺望を誇ります。
このレジデンスにご入居になると、さらに5つの「ヒルズスパ」を利用することができます。
こちらの5つというのはアークヒルズスパ、グリーンヒルズスパ、元麻布ヒルズスパ、六本木ヒルズスパ、ヒルズスパ仙石山です。

スパ&フィットネス

心身のリフレッシュと明日への英気を養ってくれます

同じ37階にはパノラマラウンジが設置されています。
キッチン完備ですので、自宅でパーティーを開く代わりにこちらをご利用になることも可能です。
東京タワーやレインボーブリッジなどが一望できますので、夜間にはライトアップされた都会の風景を楽しみながら、ゆっくりくつろぐことが出来るのです。
その他にもフロントにはバイリンガル対応のスタッフが常駐し、日常生活の困りごとなどの様々な問題の解決にあたってくれます。
また居住者専用のベネフィットとして居住者限定のゴルフコンペ等のイベント、居住者限定特典プログラムや、東京アメリカンクラブのボナファイドメンバーシッププログラムなどが用意されています。

パノラマラウンジ

都心の夜景を一望できるパノラマラウンジで特別なひとときを

そして虎ノ門ヒルズレジデンスではペットを飼うことも可能です。
大きさ等には制限がありますが、ペット用のフットバスを完備し、ペットを飼っている人も飼っていない人も両方が快適に過ごせるような工夫が施してあります。
もちろん高層ビルならではの地震対策も万全です。
元々、こちらのレジデンスは「東京層」と呼ばれる良好な地盤に建っています。
その工法も直接基礎を採用しており、建物には最新の3種類もの制震装置を施してあります。
こちらの制震装置は小さなものでは風などによる揺れから大規模な地震にも対応しており、また長周期地震に対しても制震効果を発揮するものです。

レジデンスエントランスロビー

上質な空間を演出するエントランスロビー

地域環境に関しては、周辺には南桜公園、桜田公園、愛宕山などがある緑豊かな落ち着いた環境ですし、肉のハナマサや成城石井などといったスーパーマーケットも近くにあります。
また東京慈恵会医科大学付属病院もすぐのところにありますので、万が一の際にも安心です。
階下に降りれば虎ノ門レジデンスの商業施設が広がりますし、少し足を伸ばせば愛宕グリーンヒルズがございます。
財務省など経済産業省が立ち並ぶ霞が関が目と鼻の先にあり、街並みとしてもとても風格のあるところです。
賃料帯は1LDKタイプ(約44㎡~約51㎡)で約35万~約45万になっております。
まさにエグゼクティブと呼ばれる方がお住まいになるに相応しい、品格と風格を兼ね備えた素晴らしいレジデンスと言えるでしょう。

▽参考

虎ノ門ヒルズレジデンスの賃貸情報はこちらへ

虎ノ門ヒルズの公式HPはこちらへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る