テラス渋谷美竹

テラス渋谷美竹

この地に住まうことの誇り、住まう人の誇り高い生き方を実現してくれる

「テラス渋谷美竹」

 

渋谷の新たなランドマーク「渋谷ヒカリエ」の開業により注目を集める渋谷駅東口から徒歩1分の好立地に2012年12月誕生したのが「テラス渋谷美竹」になります。
地上17階建て、低層階に業務施設と店舗を配置し、中・高層階に196戸の住宅から構成される複合タワーレジデンスになります。
「渋谷ヒカリエ」の開業が集客を一気に加速させ、2012年からモデルルームをオープンしてから半年後には全戸完売してしまうほどの人気の高さです。

渋谷ヒカリエ

再開発で注目を集める渋谷駅東口から徒歩1分の好立地にあります。

建物全体は3階までのオフィス部分がガラスカーテンウォール、4階以上の住居部分はホワイトタイルのラインが強調されたファザードになっていて、ガラスとホワイトタイルのコントラストが印象的なデザインになっています。
エントランス横にはレジデンシャルラウンジが用意され、休憩や歓談は勿論、お客様との打ち合わせにもご利用いただけます。
屋上には地上58mのベンチ型ウッドデッキを配したスカイテラスが用意され、360度の絶景をご覧いただけます。
また、それぞれ異なる機能を備えたリラクゼーションルームを1室、サロンを2室、スタディルームを2室を設けています。
コンシェルジュサービスや医療提携サービス、フラワーデリバリーサービス、さらにセルリアンタワー東急ホテルや西武渋谷店との提携も実施しており、様々な要望に応えるソフトサービスをご用意しています。

レジデンシャルラウンジ

急な来客の応接としてもご利用いただけるレジデンシャルラウンジ。

2011年の東日本大震災以降、マンションを選ぶ基準として注目を集めているのが、耐震性です。
本部件は免震構造を採用していて、基礎や中間部分に積層ゴムとダンパーの組み合わせを採用することで、地震の衝撃を吸収してくれます。
加えて、スカイテラスでの太陽光発電や防災備蓄、非常時電源の設置など、災害時の備えも万全です。
気になる間取りは、1Kから3LDKまでラインナップされており、単身者からディンクス、ファミリーまで幅広いターゲット層を設定をしております。
各ルームプランの賃料帯は1Kタイプ(33.10㎡~35.63㎡)で約17万~約20万、1LDKタイプ(37.80㎡~79.45㎡)で約21万~約44万、2LDKタイプ(57.23㎡~84.46㎡)で約28万~約39万、3LDKタイプ(93.24㎡)で約40万~約45万となっております。

参考

テラス渋谷美竹の最新の空室情報はこちらからご覧になれます。

渋谷駅のタワーマンションはこちらからご覧になれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る