ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン

ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン

目の前にあるリゾート、ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン

 

「有明」というとどんなイメージをお持ちでしょう?有明コロシアム?テニストーナメント?そうまさに東京湾岸地区のスポーツイベントのメッカとも言えるのが有明のイメージではないでしょうか。

その有明コロシアムと有明テニスの森に隣接して立っているのがタワーマンション「ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン」です。

このマンションの特徴は、なんといってもリゾートホテルなみの設備です。

最上階33階は「THE33」と名付けられた共用施設で、四季折々の植物に囲まれたウッドデッキのテラススペースからは東京湾の景観が一望。
25メートルプールや露天温泉付きのスパ、エステや整体を受けられるセラピールーム、100席あるバーラウンジまで備えられていて、住んでいながらリゾートライフを楽しめます。

33Fのバーラウンジ

ラウンジ、バー、キッチンスタジオ、暖炉スペースで構成される総面積約450㎡の本格バーラウンジ。なんと使用料無料。

ザプール33

25m×4レーンの本格的なプール。使用料は1回300円

スカイテラス33F

地上110mの天空の庭園。土曜、日曜、祝日の7:00~18:00は飲食・飲酒が可能

セキュリティはICカードとICタグによるスマートセキュリティを導入。住民と許可のあるお客様以外には簡単に侵入できません。また、全敷地内で70台以上の防犯カメラの監視、常駐警備員による巡回に加え、ALSOKとエレベーターシステム会社、マンション内の防災センターの連携による24時間セキュリティによって安全が保たれています。

33階もの高層建築となると耐震性も気になるところ。しかし、ブリリアマーレ有明は高さに対して幅も広くとってあり、立方体のような構造になっているのでその形状だけでも揺れには強くなっています。その上、地下34mまで打ち込んだ直径2mの杭132本で支えられていて、地震に対してだけではなく地盤沈下に対しても堅牢な設計となっています。

地上に降りてみるとそこは石畳と木々の庭。敷地の60%を住民専用の庭としてあり、静かで気持ちのいい空間を木々に集まる小鳥のさえずりを聞きながら楽しむことができるでしょう。

対岸には品川を望む埋立地の中心・有明地区の周辺環境も気になるところですが、実は有明は「埋立地」のイメージに反し緑豊かな地域です。平成11年には都市景観大賞を受賞しました。

住環境はよくても、埋立地という立地上実際の生活には不便ではないかとご心配の向きもあるでしょう。1階のコミュニティエリアには歯科・小児科・薬局・コンビニ・クリーニング等そろっており、隣接した東雲地区やその隣の豊洲にはイオンショッピングセンターやホームセンターなどがあるので日常生活に不便を感じることもないと思われますし、近隣には昭和大学江東豊洲病院があるので急な病気のときでも安心です。

maps

24時間のコンビニエンスや保育園、小児科が敷地内にあるのはファミリー世帯にとって非常に便利

教育面では、まずマンション1階に保育園と学習塾があります。また、東雲地区には小学校から高校まであってお子様の通学にも不便はありません。

交通面では、徒歩10分県内にゆりかもめの有明テニスの森駅とりんかい線国際展示場駅があります。また、晴海通りと首都高湾岸線に挟まれたていて、都心への移動もスムーズです。

さて気になる賃料帯ですが、1Rタイプ(約40㎡)で約15万~16.5万円、1LDKタイプ(約40㎡~55㎡)で約15万~18万円、2LDKタイプ(約55㎡~93㎡)で約19万~28万円、3LDKタイプ(約75㎡~124㎡)で約22万~44万円ほどとなっています。

日常の中にリゾートがある優雅な生活を是非ご検討してみては如何でしょうか?

参考
ブリリアマーレ有明タワー&ガーデンの賃貸情報はこちら
ブリリアマーレ有明タワー&ガーデン管理組合の公式ホームページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る