ル・サンク大崎ウィズタワー

ルサンク大崎ウィズタワー

ペデストリアンデッキで駅と直結したル・サンク大崎ウィズタワーの魅力とは

 

数ある城南エリアにの中でも、最近注目を集めている場所、大崎。
城南エリアで大崎が注目されているといえるのは官民一体となった大規模な再開発事業が行われた事によります。

以前の大崎駅エリアを知っている人は多くないかもしれませんが、再開発前は駅前広場もなく、駅前のすぐは工場敷地でしたので
山手線の駅の中でも地味なほうだったのではないでしょうか?
しかし再開発によって駅前は以前と見違えるようになり人の流れも増え、それによって新しい店舗が増えて駅前が充実してきました。
もともと山手線の駅がありましたのでアクセスという面では申し分のないものでしたが、それに加えて再開発により計画的に
都心化が進みましたので住みやすい街として知られるようになりました。

大崎駅には2009年に住友不動産が企画した全1084戸の大崎ウエストシティタワーズや
2008年に三井物産が分譲したウエストレジデンス大崎などのタワーマンションが誕生したことにより
商業施設も充実し、今では新しい街として注目をあつめています。

そんな大崎に2014年誕生したル・サンク大崎ウィズタワーは今最も注目されているマンションといえるでしょう。

ル・サンク大崎ウィズタワーはこの大崎駅に直結しているというほどの便利さを有しています。
徒歩では4分と記載されていますが、実際に歩くと4分もかかっていないのではないかと思うほどの近さです。
これには歩行者専用屋根付きペデストリアンデッキで駅とこのマンションが結ばれているからに違いない。
屋根がついているのは非常にありがたく好ポイントです。どんな天候の時も自宅から傘をささずに駅まで行けるというのは
天候の悪い日のひとつのストレスを取り去ってくれます。

besutoriandekki

またこのデッキには駅周辺の商業施設飲食店などがありそれにより駅まで歩く距離を短く感じさせてくれ、
そして地域環境への満足度を深めてくれるはずです。

やはりどの時代でも駅に近いというのはタワーマンションに欠かせないものでしたが今のエコの時代
車を持たない人も増えて来た中で駅に近くその駅が山手線の駅で、また他にも東京臨海高速鉄道、JR埼京線、JR湘南新宿ラインなどの線がある点も見逃せない点でしょう。

また周辺環境としては駅の近くでありながらその敷地内には沢山の木々が植えられている。
これはこのマンションが再開発の重要な拠点でありきちんと計画されたものである事を感じさせます。

ですから駅に近くありながら建物しかない閉塞感ではなく自然を良く汲み取っている設計に感謝できるでしょう。
また設備としては最新の地震対策を施してあります。その対策とは建物の構造を守るだけでなく揺れからも守るという
最新の技術(鉛プラグ入り天然積層ゴム型面新装置)で建物の2階に施された免震装置によって
建物の揺れを吸収し高層でも揺れが少なく家具など重要なものを守るというものです。

近年の大震災のことを考えるとこのような最新の耐震施設を施した
タワーマンションに住む事のできる安心感は他に変えられないでしょう。

ル・サンク大崎ウィズタワーはフロントスタッフが24時間常駐しており、ALSOKによる24時間オンライン体制のセキュリティシステム、
そして風徐室、エレベーターホールのダブルオートロックと、居住者の暮らしを守る厳重なセキュリティシステムが採用されています。

また室内の設備についても浴室にミストサウナがあったりリビングには床暖房、
キッチンシンクにはディスポーザ等、快適な生活をするための充実した設備が揃っています。

リビングルーム

モデルルーム。タワーマンションの特権ともいえる眺望の良さが魅力

さてそんなル・サンク大崎ウィズタワーの気になる賃料相場ですが、1LDKタイプ(48~53㎡)で約18万~23万、2LDKタイプ(62㎡~75㎡)で約25万~31万、3LDKタイプ(71㎡~73㎡)で27万~31万円ほどとなっています。

注目の大崎に誕生したル・サンク大崎ウィズタワーをご検討してみては如何でしょうか?

参考
ル・サンク大崎ウィズタワーの賃貸情報はこちら
大崎駅のタワーマンションの賃貸情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る