ライオンズ東京三ノ輪レジデンス

ライオンズ東京三ノ輪レジデンス

東京駅6キロ圏という地の利と、都市生活に満足と寛ぎをもたらしてくれる住空間

「ライオンズ東京三ノ輪レジデンス」

 

「ライオンズ東京三ノ輪レジデンス」は、2015年2月23日竣工予定の高級賃貸マンションです。
東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」から徒歩3分、また都電荒川線「三ノ輪橋」から徒歩2分という好ロケーションにあります。
東京駅6キロ圏という地の利と、上野・千住・浅草エリアへのお出かけもポテンシャルフィールドが生活圏。
上野恩賜公園まで徒歩26分、東京スカイツリーも徒歩39分という距離ですし、浅草エリアもバスやタクシーなどで気軽に行けるロケーションです。
東京駅6キロ圏ですから、タクシー代も1960円、深夜でも2360円という料金で帰宅できますので、万一、深夜電車に乗り損ねてしまっても安心です。
お買い物は目の前にたくさんの商店が建ち並ぶ賑わいのアーケード商店街「ジョイフル三の輪」があり、約400mも伸びるアーケードに惣菜店や八百屋、精肉店、生花店などの店々が多彩に連なり、生き生きとした商店街を形成しています。
雨の日も濡れずに買い物ができますし、ほとんどのものがこちらで間に合います。

エントランス

統一感のあるエレガントで高級感溢れるエントランスが非日常な空間を演出してくれます。

ベージュと茶のタイルの落ち着いた外観。角部屋が中心のプラニングをご用意しました。
内廊下採用で、プライベート間を高め、家族一人ひとりの暮らしを思いやり設計もしています。
1枚のガラスに比べて、優れた断熱効果をもたらし、結露しにくい複層ガラスを採用。
冬は温かく、夏は冷房効率に貢献する高い断熱性により、省エネルギーに効果を意図しました。
住民の方の命を守るために防犯抑制対策にはひときわ気を使い、共用スペースには、防犯カメラ10台を設置し、エレベーターにも一台設置しました。
万が一の停電時には、エレベーターを稼動させる自家発電装置を導入。
さらに、給排水ポンプや、機械式駐車場に電力を供給し重要なライフラインの確保をサポートして、住民の皆さんの命を守ります。
マンション共用部には消費電力を抑え、電気代の削減にも貢献するLED照明を採用しています。

モデルルーム

角部屋中心のルームプランが独立性と採光性、そして高いプライバシー性を確保しました。

共有施設については、防犯機能、免震機能について最新技術を導入しました。
たとえば、住戸キーをかざすだけでオートロックを解錠できる非接触キー対応オートロックシステム。
これは、来訪者を住戸内のインターホンから画像と音声で確認でき、外部からの不法侵入も抑制できます。
また、1Fエレベーター操作パネルでは、非接触キー対応のセキュリティエレベーターシステムを採用しました。
これは、エレベーター内防犯カメラ非接触キー操作でエレベーターのオートロックを解錠しないとエレベーターに乗り込めないという先進のシステムです。
住戸玄関には、ディンプルキー&ダブルロック錠、「サムターン回し」を防ぐため防犯サムターンも採用しました。
玄関扉は、こじ開けのしにくい鎌付きデッド錠を2箇所に設置。
また、非常時に備えて防災用品を収納した「防災備蓄倉庫」を設置していて、住人の方の安心を確保しています。

参考

ライオンズ東京三ノ輪レジデンスの空室情報をお探しの方はこちらへ。

三ノ輪駅の高級賃貸をお探しの方はこちらへ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る