オープンレジデンシア麻布六本木

六本木の一等地に建つ高級マンション「オープンレジデンシア麻布六本木」

オープンレジデンシア麻布六本木は、総戸数が34戸で、地下1階地上11階建てとなっている高級分譲マンションです。
最寄り駅は2つあります。東京メトロ南北線の六本木一丁目駅と、東京メトロ日比谷線と都営地下鉄大江戸線が乗り入れている六本木駅です。両方の駅とも徒歩10分以内の場所にあるため、目的先に応じて駅を使い分けることができて便利です。
周辺環境は、東京都内屈指の高級感の溢れるエリアとなっています。高層オフィスビルやマンションだけでなく、各国の大使館や東洋英和女学院などの有名な学園も徒歩10分圏内に立地しています。このエリアに一区画の敷地面積の広いオフィスビルや、政府関係の建物が多い理由としては、江戸時代に大名屋敷が集積していたことが挙げられます。明治維新以降は、旧武家屋敷跡地に日本陸軍の軍事施設が置かれていました。その後、現在では多くの大使館や不動産会社が、広大な敷地をそのまま活用して現在に至っています。

六本木ヒルズへも徒歩十数分

なお、この地で居住するにあたっては、生活利便性に困る必要はありません。徒歩3分の場所にはスーパーのまいばすけっと六本木1丁目店があるため日々の食品購入には困りません。また、六本木駅前には、六本木駅前郵便局があるため小包や郵便物を出すときに便利です。
建物設備の特徴としては、免震構造であり、制震構造であることが挙げられます。数十年以内の発生が予想される首都直下地震にも耐えられる建物設計となっています。また、エントランスには宅配ボックスが設置されているため、外出中に宅急便が来ても荷物を受け取ることができる点はメリットです。
さらには、内廊下設計となっており、床は足音を吸収してくれるカーペットが敷かれている点を強調できます。他の住人がハイヒールで歩いても、足音が住戸内に聞こえてきません。
室内設備の特徴としては、デザイン面では木目調もしくはブラウンカラーを基調とされており、落ち着きを感じられる点を挙げることができます。そして、リビングルームには床暖房が設置されており、寒い季節でも身体が暖まりやすい点はメリットとして挙げられます。

※注目の賃料帯は1LDKタイプ(35.00.㎡~58.37㎡)で21.5万円~36.5万円、1LDKタイプ(37.00.㎡~46.74㎡)で12.5万円~15.0万円、2LDKタイプ(57.18.㎡~62.40㎡)で16.9万円~18.0万円、となっております。
nbsp;

参考
オープンレジデンシア麻布六本木の最新の空室情報はこちらへ
六本木一丁目駅の高級賃貸をお探しの方はこちらへ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る