グランドルチェ門前仲町

グランドルチェ門前仲町

江戸情緒と優しい環境に触れながら快適に暮らす

「グランドルチェ門前仲町」

 

東京という都市は、日本全国でも有数の江戸時代の古き伝統と情緒を残している都市でも有ります。
そんな東京の中でも更に、江戸情緒溢れる門前町に建つ高級賃貸マンションが「グランドルチェ門前仲町」です。
まず、東西線・大江戸線の「門前仲町駅」から徒歩4分の立地にあるこのマンションは、交通の便に優れています。
乗ってしまえば六本木などに一本でいけますので、通勤などで不便を感じることは無いでしょう。
特に近いのが首都高速深川線「福住IC」で、ほぼ目と鼻の先に位置していますので、車で動く際は非常に便利です。

富岡八幡宮

毎月1・15・28日の縁日には多くの参拝者で賑わう「富岡八幡宮」。約350の露店が並びます。

住居設備の方ですが、こちらはコンパクトな中に便利な設備をひと通り備えています。
オートロック、ディンプルキー、TVモニタ付きインターホン、宅配ボックスといったセキュリティ関連設備に、エアコン、温水便座、浴室乾燥機といった便利な生活設備をひと通り押さえていますので、最低限の家具と衣類が有れば、すぐに生活を始めることができるでしょう。
各部屋は、それら設備が合理的に配された1Kの間取りとなっており、主に単身者が便利に暮らすのに向いている設計となっています。
気になる賃料帯は1Kタイプ(25.92㎡~26.22㎡)で約10万~約12万となっております。

深川八幡祭り

「深川八幡祭り」は別名「水掛け祭」と言われる、沿道から清めの水がたくさん浴びせられる光景は圧巻です。

さて、このマンションに関して本当に特筆すべきなのは、その「門前仲町」という地域環境です。
まず東京自体が、もともと江戸城という最大の城を中心に広がった城下町であり、江戸文化の中心地であっただけに、各所に江戸の伝統や情緒を残しているのですが、更にその中でも色濃く情緒を残しているのが寺社周辺に広がる門前町です。
江戸文化のメッカといえる浅草も「浅草寺」に縁する門前町です。
武士のいなくなった現代では、城下町はそのエッセンスを失っていますが、お寺は活動していますので、今もなお化石ではなく、生き生きとした文化として江戸の空気を伝えているわけです。
話を門前仲町に戻しますと、この街の中心となっているのは「永代寺」というお寺で、周辺には深川不動尊、富岡八幡宮などが存在しており、それらが複合して大きな門前町を形成しています。
深川不動尊では毎月28日だけではなく、1日、5日に縁日が行われますし、富岡八幡宮では3年に一度の夏、「本祭り」が行われて多くの観光・参拝客が訪れます。
毎月3回は行われる縁日では、境内で骨董市が開かれたりフリマが開催されたりと、常に賑わっています。
自然、周辺の地元商店も活気が有り、江戸からの老舗などが色褪せること無く営業しているのは、ここならではといえるでしょう。
また、寺社も含めて周辺には深川公園や古石場川親水公園など、散策にピッタリのスポットも多数存在しています。

参考

グランドルチェ門前仲町の最新の空室情報はこちら。

門前仲町駅の高級賃貸をお探しの方はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る