キャナルスクウェア豊洲

キャナルスクウェア豊洲

都心で上質なリゾートライフを謳歌する

「キャナルスクウェア豊洲」

 

「東京でリゾートライフを借りる」のキャッチコピーの元、晴海運河と豊洲運河の分岐点の近く、リゾート地のような景観を眺望するロケーションに2008年4月竣工したのが「キャナルスクウェア豊洲」になります。
東京メトロ有楽町線「豊洲」駅から徒歩9分の場所に位置し、晴海通りを晴海方面に行くと季節の花々が咲く庭園に遭遇します。
その庭園を抜けると、落ち着いたブラウン系のタイル貼り外装のタワーフォルムが現れます。
まるでリゾートホテルのような高級感あるエントランスには、歓談や打ち合わせなどに使える赤のソファーがお洒落なラウンジが用意されています。
フロントではタクシーの取次などのコンシェルジュサービスを受けることができ、便利で快適なマンションライフが約束されています。

ラウンジ

赤いソファーがお洒落なロビーラウンジ。待ち合わせやご歓談、ビジネスの打ち合わせの場としてご利用いただけます。

オール電化レジデンスとなっており、キッチンには料理に便利なIHクッキングヒーターを採用していますから、火災などの心配も少なく安全性が配慮されています。
シンクにはディスポーザーが設置済みですので、高機能の生ゴミ処理を機械がしてくれ、ゴミを1/5に削減することができます。
エコの観点からみてもいいですし、臭気を消去してくれるのでお部屋を清潔に保つことができます。
宅配ロッカーも設置されていますから、不在でも荷物を受け取ることができます。
近年、地震に対する強さは住まい選びの重要なポイントになりつつあります。
本物件は免震構造を採用しており、地下に免震階を設置してゴムと鋼板を交互に積層させた装置を使用しているので、地盤からの揺れを吸収し、建物の揺れや変形を少なくしてくれます。
これにより、家具等の転倒や破損による2次災害も最小限に抑えることができます。

モデルルーム

火を使わないオール電化ですので、IHクッキングヒーターも安全でお掃除がらくらく。グリル機能もありますので、お料理の幅も広がります。

周辺にはアーバンドックららぽーと豊洲やスーパービバホームなどの大型商業施設が揃っていますので、必要なものは全て買い揃えることができます。
アーバンドックららぽーと豊洲の敷地内には桟橋があり、水上バスによる海上からのアクセスも可能です。
東京都観光汽船による「浅草・お台場直通ライン」も通過しますし(浅草吾妻橋 – お台場海浜公園 – 豊洲 – 浅草吾妻橋)、豊洲からは、芝浦行きが発着します(豊洲 – 台場 – 芝浦)。
役所や図書館などの公共施設も揃っていますし、川を渡れば聖路加国際病院もありますので急病の際も安心です。
注目の賃料帯は1LDKタイプ(42.84㎡~55.78㎡)で約14万~約19万、2LDKタイプ(48.06㎡~77.13㎡)で約16万~約23万となっております。
遠くにレインボーブリッジを眺めることができ、東京都の観光汽船による水上バスでは吾妻橋までの航路ですから浅草寺見物も楽しめそうです。
吾妻橋から見える東京スカイツリーも、近頃の観光名物となっているようです。
まさにリゾートに住まう感覚になります。

参考

キャナルスクウェア豊洲の最新の賃貸情報はこちらから。

豊洲駅のタワーマンションをお探しの方はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る