富久クロス

Tomihisa Cross Comfort Tower

叡知の結集、山手線内最高層タワー
「富久クロス」

 

東京のまさに中心地とも言える「新宿」。
西側には東京都庁を中心に高層ビルが並び立ち「新都心」らしい構えを見せ、東には多数の百貨店やショップが軒を連ねる都内有数のショッピング・飲食エリアとなっています。

「新宿に暮らせたら、どんなに便利なことだろう」と考える人も多いのではないでしょうか。
しかし近年に至るまで、新宿近辺のエリアはバブル時の地上げの影響で「まだら」に土地が売れてしまっている状態であり、「大型マンション」の建設や街の再開発が難しい状況にありました。

この状況を打破するため、新宿区富久町が大学との共同研究を開始。
野村不動産や積水ハウス等の協力を得て、遂に「タワー型マンション」の建設を可能としたのです。

今回ご紹介する「富久クロス」は、このような歴史を経て新宿エリアに生まれた非常に貴重なタワーマンションになります。

新宿御苑

「富久クロス」は山手線最高層となる55階建て約180m。イトーヨーカドーや認定こども園などが入り、都心のオアシス「新宿御苑」も徒歩圏内になります。

同マンションが誕生したのは、靖国通りと外苑西通りが交わる交差点のすぐ傍。
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」駅から徒歩5分圏内という便利な立地を誇ります。

駅から靖国通りに向かって歩いていけば、地上55階建てというマンションの天を突くような外装が目を引くことでしょう。

この大型マンション、通称「コンフォート・タワー」の隣には、大型スーパーマーケットや認定託児施設等が入るペントテラスが建てられています。

日々の暮らしを支えるこれらのショップや施設に加え、タワーマンション内の共用設備も充実。
住居者のみが利用できるカフェ、ゲストルーム等がありますから、私室にお客様をあげずにおもてなしをすることもできます。
またフィットネス・ジムや防音設備を施した部屋も共有スペースにはありますので、趣味の体力作りや音楽活動等もアクティブに行うことも簡単です。

モデルルーム

南方向に新宿御苑の森、西方向に新宿副都心の摩天楼。高層階からは東京都心の眺望をご覧いただけます。

マンションを取り巻く新宿御苑駅周辺エリアは、区立富久小学校や成女高等学校等を始めとした学校が多い文教地域であり、新宿区の中でも落ち着いた地域環境なのが特長。
マンションの目の前には区立富久さくら公園もありますし、休日には新宿御苑で散策やお花見等を楽しむことも可能です。

もちろん、新宿伊勢丹を始めとした新宿三丁目近辺のショッピング・エリアへも徒歩10分~15分という距離ですから、新宿の街の便利さを「普段使い」にできる環境と言えるでしょう。

最寄り駅の東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑」駅からは、「銀座」駅へは直通13分、「東京」駅へも15分等、都心の他の街への移動もスムーズ。
マンションは靖国通りにすぐ出られる場所なので、車での移動にも優れた立地となっています。

東京の中心地で「便利さ」を享受しつつ、同時に穏やかで上質な暮らしも可能とするマンション。
「富久クロス」はワンランク上の東京ライフを約束してくれる数少ない建物と言えそうです。

参考

富久クロスの最新の空室情報が気になる方はこちら。

新宿御苑前のタワーマンションをお探しの方はこちら。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る