レジディア中野Ⅱ

再開発の進む中野の地で快適なファミリーライフを レジディア中野Ⅱ

駅前の再開発事業が進み、明治大学などの大学がキャンパスを構える中野。その中野の地に伊藤忠商事の高級マンションシリーズのひとつ、レジディア中野Ⅱが2020年の2月に竣工します。マンション最寄りの駅は中野駅で徒歩5分の距離。利用できる路線は東京メトロ東西線、JR中央総武快速線・各駅停車の3路線で、新宿やお茶の水、秋葉原、東京、錦糸町といったビジネスターミナルへはダイレクトにアクセスできます。加えて、中野駅は東京メトロ東西線の始発駅でもあり、座ったまま通勤や通学ができるメリットも享受できます。

中野サンプラザとその周辺

周辺環境にも恵まれていて、コンビニならファミリーマート 中野南口店、セブンイレブン 中野中央4丁目店が利用可能。スーパーなら地産マルシェ中野店やイオン系列のまいばすけっと 中野2丁目店が徒歩約4分のところにあり、仕事帰りなどの買い物にも困りません。加えて、中野サンモール商店街や中野ブロードウェイといった商店街も徒歩圏内にあるため、手頃な価格で日用品が手に入る点もポイントです。学校だと、中野区立桃花小学校、中野区立桃園第二小学校、私立大妻中野中学校、中野中学校がいずれも徒歩圏内なのに加えて、新渡戸記念中野総合病院がマンションから徒歩5分のところに位置。お子さんとの生活にも不自由しません。

普段の買い物に便利な立地

外観はホワイトやグレーを基調とした清潔感のあるデザイン。地上8階建て、総戸数19戸と小規模で、プライバシーにも配慮がされています。設備面では、全住戸の室内にシステムキッチンや雨天時の洗濯物の乾燥に便利な浴室乾燥機を設置しています。2LDKの間取りのお部屋には追い炊き機能のついたバスがついているほか、コンロが3口タイプのシステムキッチンが付帯。ファミリー住まいにも不自由しません。
共用部にはセキュリティツールのオートロックや防犯カメラ、荷物の受け取りが楽な宅配ボックス、駐輪場、24時間ゴミ捨ての可能なゴミ置き場も設置されています。

※注目の賃料帯は1DKタイプ(30.02.㎡~30.02㎡)で13.3万円~13.9万円、2Kタイプ(25.10.㎡~25.10㎡)で12.8万円~13.4万円、2LDKタイプ(45.02.㎡~46.65㎡)で19.8万円~20.4万円)となっております。

参考
レジディア中野Ⅱの最新の空室情報はこちらへ
中野駅の高級賃貸をお探しの方はこちらへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る