リビオレゾン人形町

リビオレゾン人形町

都心居住のニーズに適応したコンパクトマンション

「リビオレゾン人形町」

 

2014年10月に竣工した「リビオレゾン人形町」は、新日鉄興和不動産が提供する新築マンションになります。
そのコンセプトは、「交通利便性」「資産価値の高さ」「暮らしやすさ」の3点を重視したものとなっています。
交通利便性に関しては、まず人形町駅から徒歩4分という近さが挙げられるでしょう。
中央区日本橋周辺という立地において、駅から至近であるというのは、日々の通勤や買物などの利便性に直結します。
人形町駅だけでなく東京メトロ日比谷線「小伝馬町」駅からも徒歩4分であり、その他東京メトロ半蔵門線「水天宮前」駅などの8駅6路線を利用可能ですので、通勤にも選択肢が豊富です。
この交通利便性という利点は、暮らしやすさや資産価値の高さにも影響しています。
単純に、通勤や買物などの移動に手間と時間を取られないのは、生活の質の向上に大きく寄与します。
また、「リビオレゾン人形町」はコンパクトマンションというコンセプトで作られているため、資産価値はマンション設備などよりも立地条件に大きく依存しています。
主要駅が至近にあるという交通利便性は、各種不動産立地条件の中でも、変動しにくく普遍的な評価価値を持つため、時間経過や施設の老朽化などの影響を余り受けません。
東京23区が経済文化政治の中枢で無くなればわかりませんが、少なくともこの先数十年は無いと断言してもいいでしょう。

隅田川テラス

隅田川テラスは遊歩道が整備されているので、ジョギングやお散歩に最適です。

次に「暮らしやすさ」ですが、まずマンションの設備が単身者や少人数家庭にフォーカスされているという点が挙げられます。
近年需要が増している単身世帯・少人数家族の都心居住というニーズに焦点を合わせて開発されたこのマンションは、最初からそういった方の利便性を考えて設備設計が為されています。
特に単身世帯で気になるセキュリティ関連には力が入っており、オートロックや防犯カメラをはじめ、ディンプルキーなどの基本的な設備に加え、24時間対応のセキュリティシステムも完備されていますので、ご入居者様は安心して暮らすことができます。
気になる賃料帯は1LDKタイプ(41.09㎡)で約16万、2LDKタイプ(57.51㎡)で約24万となっております。

明治座

明治座はエスカレーターやエレベーターを備え、客席に車椅子スペースを設けるなどバリアフリーにも配慮されています。

加えて、人形という地域環境も暮らしやすさに大きく寄与しています。
江戸時代、のちの中村座となる猿若座が開かれた影響で、人形修理などの職人が多く集うことになった人形町。
現在も歌舞伎が楽しめ、人形焼やすき焼きなどの発祥の地としても知られるここ人形町は、東京の中でも江戸の香りと文化の粋を色濃く残した街となっています。
周辺には、充実した施設と美しい自然が魅力の「浜町公園」や、ゆったりと流れる隅田川を眺められる「隅田川テラス」、面白いところでは猫遭遇率が非常に高い「堀留児童公園」といった公園や散策スポットが点在しています。
東京中央区という利便性だけでなく、こうした文化や風情も楽しめる人形町は「暮らして楽しい街」だと言えるでしょう。

参考

リビオレゾン人形町の最新の空室情報はこちらから。

人形町駅の高級賃貸をお探しの方はこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る